晴れたり曇ったり

毎日空を見て暮らしています。良い天気の日もあるし曇ったり荒れたりする日もあるし、日々繰り返し。

安倍元総理 国葬 9月27日で調整  

  安倍元総理の国葬は9月27日に行われる予定で調整とお昼のNHKニュース。      

 これについて野党・マスコミ連合から反対の声が出ているけれど、茂木幹事長、
 
 ・・安倍氏国葬をめぐり、野党の一部から反対や懸念の声が出ていることについて「政府が閣議決定を根拠に国葬を行うことは法律上も全く問題ない。野党の皆さんが何を考えているかわからないが、国民の声や認識とかなりずれているのではないか」と指摘・・ 

 野党・マスコミ以外にも市民団体というどこの市民なのかよく判らない人達も抗議してる。   

 ジャーナリストだという人がツイッターでこんな反対の声を上げてたから拾った。

 ・・「国民から『国葬はいかがなものか』との指摘があるとは、私は認識していない」自民党・茂木幹事長。毎日新聞

 ・・茂木氏が「認識していない」だけ、琉球新報信濃毎日京都新聞新潟日報も社説で指摘している。

 

 新聞社名見て笑えてくるけど、この芳しい新聞社名に中日新聞も加えてあげなきゃ。今朝の社説で「安倍氏国葬 国民の分断を懸念する」と懸念してますよ。 

 この社説の中でもお約束、「森友・加計・桜を巡る問題では権力の私物化も指摘された」。こういうの卑怯だと思うんですね。指摘されたところは丁寧に説明してる。それぞれ疑惑の中身は解明されてる。

 森友は近畿財務局と大阪府のミス。それを籠池氏に突っ込まれゴマそうとして失敗。学園隣接の野田中央公園のウルトラ値引きはどう説明するんだ。

 加計学園は獣医師会と文科省がグルになってた新規参入阻止案件。

 

 ・・14億2,386万3,000円の国有地が、わずか 2,124万3,000円(98.5%OFF)で豊中市に払い下げられた・・

 加計学園についても、

 両方とも思いっきり民主党案件。一方森友案件は安倍総理が関与したと、してもいないのにいつまでたっても「アヤシイ」を繰り返す。これ人権蹂躙の壮大なイジメでしょう。

 いい大人がグルになって、ジャーナリストぶったお面付けて、足かけ4年「モリカケサクラ」を喚き一人の人間を悪人に仕立て上げ、死して後もなお「モリカケサクラ」と辱め続けている。 

 しかし、世界は評価してる。 

  まぁ野党・マスコミとしては「モリカケサクラ」の烙印で失脚させるつもりが出来なくて悔しいんでしょう。往生際悪いし根性ひん曲がってる。

 

 (追加)

 上記各新聞の社説を確認、みんなモリカケサクラに言及。こうして読者に刷り込んでいく。こういうマスコミの実態。

 

 森友・加計問題、桜を見る会問題では、長期政権のおごり、権力の私物化と批判された。 (琉球新報

 

 森友・加計学園や「桜を見る会」を巡る問題では、説明責任を尽くさなかった。真相は依然として闇の中だ。

 桜を見る会に関しては、国会でうその答弁を積み重ねた。  (新潟日報

 

 森友・加計学園や「桜を見る会」を巡って不誠実な答弁を繰り返し、疑惑は残った。官僚の「忖度(そんたく)」も生んだ。 (京都新聞

 

  安倍政権は醜聞が続いた。公文書改ざんに絡み近畿財務局の職員が自殺した森友問題。国家戦略特区の選定で権力の乱用が指摘された加計問題。「桜を見る会」を巡る疑惑も未解決のままだ。  (信濃毎日)