晴れたり曇ったり

毎日空を見て暮らしています。良い天気の日もあるし曇ったり荒れたりする日もあるし、日々繰り返し。

暇空茜氏 国家賠償請求訴訟で都に勝訴 でも報じられない 浜田議員の見方

 暇空茜氏が国家賠償訴訟を東京都に対しておこし勝ってしまった事件。大ニュースなのだがマスコミは取り上げない。

 その一方で左側の、訴訟を起こしたという、これから裁判してどうなるか判らない事については取り上げてる。これがマスコミの偏ったスタンス。  

www.asahi.com  

hamusoku.com

 

 N党浜田聡議員はその事について、この人は憤激するというタイプの人じゃないので、淡々と自身のYOUTUBEで取り上げてる。

 3回連続でこの件あげてるという事はかなり問題視しているんでしょうが、その中で渦中のNPOとか一般社団法人の成り立ち、経緯について語ってる回が興味深いので一部要約してみた。

 

www.youtube.com

 (以下要約)

 NPO法について大まかな流れをお話ししたい。Colabo、若草、ボンド、バップス、等の問題は国や地方からの委託でボンボン出来るようになった背景があって、緩和された背景を紹介したい。


 NPO一般社団法人などに委託してどんどんできるようになってしまったという背景がありましてまそれがですね、

 内閣府のウェブサイトにですねNPO法の変遷みたいなのがあるのでちょっと紹介したいと思います。

 平成8年にですねあの一応市民活動促進法というのがま提出されたけどまその時はね成立はせず継続審議で平成10年にですね

 あの特定非理活動促進法NPO法が可決成立でですねはいでま平成14年え改正NPO法の成立。

 そして平成15年認定NPO法人制度の大幅拡充というのがあります。でこの後大幅拡充、大幅緩和とかがあるんですね。

 平成17年緩和、平成18年大幅緩和で平成20年もね大幅緩和というのがあります認定要件のね大幅緩和というのが進められていくわけです。

 要はザルになっていくという風に考えてもいいのかなと思います。で平成23年に改正NPO法の成立ということ。

 これ確かね民主党政権じゃなかったかなと思うんですけど、民主党政権の最後の年かな。

 

 でですねNPO法事に関する事務を地方自治体で一元的に実施制度の使いやすさと信頼性の向上のための見直し認定制度の見直しなどがですね、

 今のコラボ問題の現況多分ねここにあるんじゃないかなと思います。

 私がですねコラボ問題国会でね追求しも東京都がやってることですのでみたいなそういうことがねあの逃げられてしまう。

 本来であれば東京都議会でまやってほしいしま実際にされてたんですけどま頼みの川松真一朗議員は口封じをされてしまって

 今後ねちょっとこの要件をですねやっぱりえま緩和されてきたものをですちょっと見直すべきではないかなとは思っております。

 

 でこのNPO法に関してやっぱり1番関わってきたと云っていいんじゃないかなと思われるのがはい辻本清美さんですね。

 辻本清美さんのねあのウェブサイトをですねちょっと冒頭だけえ読みましょう。

 今日12月1日はNPO方が成立スタートしてえ16年目に当たる日です。ちょっとこれ2014年の12月1日の記事になります。

 辻本清美の議員生活の中で最大の成果はNPO法を作ったことだと、今は亡き筑紫哲也さんが著書「旅の途中」でそう褒めてくださったことがとても懐かしく思い出されますということでま色々とブログ記事書いてあります。

 

 もう1つですね紹介します。NPO法辻元清美さんへのインタビューになります。

 NP法制定10年の記録ということでまインタビュー記事になりますでまこれ日時が2013年のま4月24日ということで今から10年以上前のまお話になりますね

 ということで辻元清美さんが当選されてま2年後ぐらいにNPO法が成立したということになります。そういう意味ではですねま議員としては実力はまごいんだろうなということですね。

 

 1983年に自身でねあのNPOピースボートを作ったみたいなね、そっからの流れみたみたいなところはありましてまこの記事の中に自民党のお偉いさん色々と話したとかね。

 竹下登さんにあの直談判したとかねそういうお話とかまあってま結構面白い面白いといえばま面白いですかね。

 その中で竹下さんに話をつけに行くんです。それも竹下さんの事務所にお電話して1年生の辻元ですが是非先生に聞いていただきたいお話があってと、あの人は税の親分だったから。

 そうしたら全然会ってくれなくて、仕方ないので直撃しかないとえ国会稲門会というのが開かれる。私も早稲田で竹下さんも早稲田で来るに違いないと思って行ったら竹下さんが来たんです。

 それで竹下さんを掴まえて辻元と言いますがNPO法のことで一度お時間いただけませんかってお願いしようとしたんです。

 そこで竹下さんはNPOのってチョロっと言っただけなのにパっと私の顔を見て税はいかんよって云ったんです全部頭に入ってるんですよ。私これで諦めたんです。

 エピソードとしてはねま面白い。昨日ちょっとお話ししたですね片山虎之助さんのところをお話ししたいと思います。

 参議院に行ってから私と参議院議員の堂本さんと清水住子さんでやっていたんですよね。片山虎の作さんが参議院で審議している最中です。 

 こんな法律は通せないとか云うから片山虎之助さんに女3人で会いに行ったんですよ。そしたら片山さんがテーブル叩いてこんなもんな国を滅ぼすみたいなことを云ったんです。

 

 片山虎之助さんはですねあのまそまある意味ねちょっと先見性の面がまあるんじゃないかなと思います現状どうなってるのかというとですね、

 いろんなNPO法人なり一般社団法人がですねま税金を使ってま事業しているとまそれはですねそれ自体をま否定するもんじゃないですけれど。

 まあでもね、やっぱりね色々と議論が出てますね。東京都で話題にはなってますけれど多分ねこれ全国で行われているんですよね。

 いうことでまこれも東京都のことは追求して下さってはおりますが、他の都道府県はなかなか暇空さんのようなスーパーマンはま出てこないということで。

 でもこれに関してはですねインターネット上でまいろんな方がね調査をしてくださっていて、まなかなか心強いところでもありますので、

 こういうインターネット上での活動なりなんなりみたなところはまあの私も期待しているところでございます。

 国家賠償請求訴訟の背景としてまちょっとNPO法人の認定要件のね緩和みたいなところはあったということは知っていただけたらなとは思っております。

 

 

 東京都、小池知事はColaboその他に関する開示請求にはじめは黒塗りで、一年たったら真っ白けで資料を出して来ない。

 中身がまずくって出せないんだろう。小池知事は国政に転出とか云われて要するに逃げの姿勢。

 都議会も機能せず当初声を上げた自民党川松真一郎議員は黙らされてる様子。マスコミも沈黙。でっかい不都合がNPO、一般社団法人を舞台に行われているんだろう。

 公金チューチュー。

 

 

 昨日一日中降った雨は上がって今朝早くには路面濡れていた。雲が出て来た。

 すじ雲、だんだん雲、波状雲、上空では空気が波状に流れてるんでしょうね。