晴れたり曇ったり

毎日空を見て暮らしています。良い天気の日もあるし曇ったり荒れたりする日もあるし、日々繰り返し。

高橋洋一の毒舌が止まらない  「公金チュウチュウ、公金ゴクゴク、公金浴び浴び」

 コラボ問題、昨日参議院で維新の浅田議員が質問。岸田総理の答弁「2月28日東京都の監査結果を見て必要な対応を行う」

sn-jp.com これだけネットで騒がれている問題だから誰もが知ってる。政府も政治家も判ってる。けど及び腰。根っこが深そう。

 マスコミは産経を除いて何処も知らん顔してる。NHK然り、中日新聞同じく。国会代表質問の詳報とあるけれどいつもより割くスペースは少ない。

 記事中浅田議員の質問もあるけれど日銀総裁案件のみ。浅田質問の動画はネットに多数存在、質疑途中共産党席からヤジ、答え合わせしてるようなもの。 

www.moeasia.net

 東京都小池知事はコラボの関係部署、福祉保健局を廃止し二つに分けた新設局を作ると発表。この怪しい動き。これも東京都のヤバさを自ら暴露してる。 

seikeidouga.blog.jp

 

 コラボ問題の本質は、この発端を作った暇空茜氏がいみじくも申した「公金チュウチュウ」。財政が苦しいと国防費1兆円を増税対象にしてしまうくせに男女共同参画は駄々洩れ。

 塩爺こと塩川正十郎財務大臣が云った「母屋でお粥をすすって一生懸命節約をしているのに、離れですき焼きを食っておる」そのままの財務省

 隠れて離れですき焼きしてる財務省に対する高橋洋一の毒舌が止まらない。 

www.youtube.com

 

 最近岸田総理も「国債は政府の負債であり、国民の借金ではない」と答弁してる。やっと「国の借金」の誤魔化しが崩れた。

 次は国の貸借対照表、バランスシートの理解。負債の反対側には資産がある。借金だけ云って資産の事を云わないのが財務省

 高橋洋一が作ったらしいけれどこれを作った時絶対に口外するなと云われたらしい。なんでか、

 ・・資産の中には出資金と貸付金というのがあって、どこに対する出資、貸付なのかと云うと、

 ・・「ハッキリ云って」「天下り先に出資してるんだよ」

 ・・「資産を見てくと天下りの先のリストが判っちゃう」「だから資産の話をしないんだ」「天下り先の米びつなんだ」・・

 もう実もフタもなくぶっちゃけちゃってる。

 不明な会計問題が発端のコラボ問題も税金、公金の不明な使われ方。高橋洋一財務省の資産方隠しを「公金ゴクゴク」を通り越して「公金浴び浴び」だってww。

 「ゴクゴク」とは、年金資金に群がる役人と金融機関だといってる動画、 

www.youtube.com

 

 

杉田水脈 着物着てご挨拶 政務官辞して内閣、総務委員会に所属

 通常国会が開会となり新年でもある事から慣例行事も行われる。その一つに和装振興議員連盟というのがあって着物を着て登院、コロナの所為で3年ぶりだそうで。

 超党派、衆参両院という事で男女併せ100人位いるらしい。その中に杉田水脈議員もいて着物姿にてYOUTUBEでご挨拶。

(聞き取りにくい所もあるので「見る➤YOUTUBE」をクリックして見ると字幕が出ます) 

www.youtube.com

 動画中、昨年政務官を辞した事、ご心配をお掛けしたけれど心機一転頑張りますと挨拶。続けて内閣委員と総務委員会の所属になった事を報告。

 総務政務官だったのが外れて委員会委員。これ好都合でしょう。政務官では政府側の立場に縛られて勝手な事は云えない。委員なら突っ込んだ質疑が出来る。

 だから、杉田水脈は凹んでいない。むしろ手ぐすね引いてそうで「心機一転頑張ります」は本音でしょう。喜んじゃってる。

 それで、さっそく総務委員会でどんな事をやるのか、資料を貰ったからとそれを開いて説明。その中で地方自治法の一部を改正する法律案がある。

 

 ・・公金事務の私人への委託に関する 制度の見直しということで 適正な公金取扱いを確保するため受託者に対する監督 再委託の場合のルール等に係る規定等 を整備するというのがあります・・

 ・・公金というのは我々の税金であります からそれを今は株式(?)会社であったりNPOであったりそういうところに委託することが 出来るんですが、

 ・・それに対しての監督であるとか 再委託するときのルールとかをもっとしっかり決めていこうということ を今国会で議論されるという事です

 ・・ 私もこの点についてはしっかりと取り組んでまいりたいと 思っております・・

 
 これってColaboに関係して来る事じゃないですか。Colabo問題はもはやColabo単体の問題ではなく公金受給に関する全体見直しの問題。

 杉田水脈を黙らせたい勢力にとってこれは藪蛇。まぁ対象がでか過ぎてどこまで追求や見直しが出来るか判りませんが期待しちゃいます。

 さらにこの件、税金の使われ方だけではなく、一部NPOの何とも複雑で怪しげな相関関係についての謎解きも興味のあるところ。

 幸いというかネットのお陰でみんながせっせと情報公開してるもんだから、それらのスクリーンショットや録画を保存されてたりで証拠を固められてる。

 慌てて消したりしてるようですが消せば増える法則というのがあるそうで、無かった事にするのは難しそう。あとは何処までシラを切れるか。

 

 
 杉田水脈がひどく叩かれるワケ、日本を辱めてる勢力に対し真向歯向かってるから。

 例えば慰安婦問題ではニューヨークやジュネーブにまで出掛け日本の汚名をそそぐ活動をしてるから。

 2016年に国会議員浪人中に取った行動のレポートが産経新聞に残ってる。①から⑯まであって云われなき日本毀損に対し奮闘しています。 

www.sankei.com

 こういう行動を報じるのは産経新聞しかないという情けなさ、今はネットで拡散されるようになってるけどつくづくマスコミはゴミだなぁ。

sn-jp.com

寒風の中の散歩 枯れ木の美しさ 梢の先のふくらみ

 昨日は寒い一日。昼食後に小一時間の散歩、街中の野鳥探し、今年はまだツグミを見掛けない。いつも原っぱに居るのに。

 滑走路の端あたりの木々にもいろんな鳥がいるからと出掛けて、騒々しく忙しいヒヨドリしかいない。

 滑走路の端っこにはカメラを持ったマニアが沢山居るんだけど2,3人しか居ない。着陸時下からの写真、撮れなかった。

 その先にある公園、冬枯れの芝生の中に寒風にさらされてケヤキ一本すっくと立って木の姿美し。

 

 戻り道、F15やF2、t4と云ったジェット機はどこかへ飛んで行って訓練中なのか、その間にヘリコプターが飛来。 

 岐阜県のドクターヘリ。

 

 これは自衛隊かな。時々パラシュートの降下訓練やってるけどこんな機体だったような。

 

 駐機中の岐阜県警の防災ヘリ。

 もう1機違う機体のヘリが飛んできたけれど遠くで写せず。

 

 戻る途中人家の垣根の枯れ木。ドウダンつつじ、枝の先の芽が膨らみ始めてる。

 

 数日前に撮った畑の中の梅の木。チラホラ花が咲き始めてた。


 日の出も7時過ぎだったのが6時台になってる。1月ももう26日、寒さ厳しいけれど季節は春へと移ろい始めてる。
 
 

 

東電 電気料金値上げ 動く原発は動かせばいいのに

 今朝は10年に一度クラスの寒波が来るとてそれに対処せよと、NHKニュースしか見てないから他局は知らないけれど、警報を繰り返してました。

 そんな中昨日朝方は晴れていたのでいつもの山登り。あと5,6分もすれば頂上という所で西の方黒い雲に覆われ青空は無くなってる。

 冷たい風も感じられすぐ引き返すことにしサッサと降りて何時もより30分早く下山。戻り道5分もせぬうち雨。結構強く降り出し冷たい雨にずぶ濡れにならずに済みました。

 今朝起きて室温見ると12.3度C。確かに冷え込んでベランダに置いてあったバケツの水は氷結。毎朝の窓の結露取り、百円ショップで買ったワイパー、500㏄ペットボトルほぼ一杯。

 降雪は昨日夕方に降った雪のまま、大雪とはならなかった。この辺りでは20センチも積もれば大雪だから大雪とは口幅ったいんだけれど。

 それでNHKが呼び掛けてた注意のうち、水道水の凍結、むき出しの水道管には何かを巻いてとか夜間出しっ放しにするとか、なるべく外出を控えるようにとか。

 街行く人へのインタビュー、暖房費の心配、灯油、ガス、電気代。これだけ軒並み上がってりゃ心配通り越して月末の請求額恐れ暖房控えるとか具体的防衛策。 

www3.nhk.or.jp

 来年4月から平均で東北電力は32.94%、北陸電力は45.84%、中国電力は31.33%、四国電力は28.08%、沖縄電力は43.81%の値上げを申請

 2023年4月に値上げを検討していない電力会社があり、関西電力九州電力。両社は原発再稼働が認められた企業で、現状では、値上げを申請しないとしている。

 東京電力は、2023年6月1日から平均29.31%の値上げを申請。これに中日新聞が反応して今朝の社説、 

www.chunichi.co.jp

 もう東電てマスコミのイジメの対象、他電力会社も一様に値上げ申請してるのに、しかも東電は原発再稼働を前提に値上げ幅を押さえてるというのに「申請を却下しろ」とまで云ってる。

 原発再稼働、中日新聞はこれが気に喰わないんでしょう。関西電力九州電力原発が稼働してるから値上げしない。

 つまり原発の電力供給低コスト化の有効性がはっきり表れてる。だったら今ある原発を利用してこの電力値上げに歯止めを掛ければ良いのにそうは云えない。

 「原発廃止」は社是ですから、あぁ朝日新聞論説委員が「安倍おろしは社是だ」って云ってましたね。社是だから何があっても認めない。この硬直化。

 東電はあまりに叩かれて賠償の為の赤字もかさんで前途見て辞めてく社員も多いんだとか。辞めるのは大概つぶしの利く優秀な社員から、そういうの良くないわね。

 電力会社は社会基盤の大元なんだから優秀な人材が将来見据えて運営して欲しい。原発も停めちゃうと技術の継承、技術者の育成が出来なくなる。

 将来廃止するにしても原発技術者は居なくちゃならない。韓国や中国に先越されて技術者派遣して貰うんですか。

 電気代が上がるのはケシカランと庶民の味方づらして社説では「身を切る改革が前提だ」とご高説を垂れてる。能書き云うだけだからお気楽な商売だ。

 そのイチャモンで政治が停滞し結果国民は遅い政治の動きに翻弄されてる。処理水の放出もそうだし対中防衛もそうだし、碌な事ないね。


 

青山繁晴議員の奮闘と怒り 政治家、官僚、危機感なさ過ぎ

 青山繁晴参議院議員臨時国会が閉じて国会が動き出す1月23日までの間を利用しハワイのインド太平洋艦隊訪問に続き自費で訪欧、訪米。

 この間の行動、活動について逐次自身のブログに公開。マスコミに徹底的に無視されてる事もあって悲壮なくらい自己主張を込めた政治報告。

 読んでて辛くもなるし人によっては反発も有り得るけれど、自身が起こした独立研究所の職員も同行しての事だから実際のタイトなスケジュールによる活動なんでしょう。

 有難い事です。

 22日夜に帰国、あくる23日国会の開幕、本会議、役員会の開会、それへの出席と休む間もなく、早々に怒りを爆発させてます。 

shiaoyama.com

 ・・まず、午前中に議論したのが、「サイドローディング」問題です。
 これは、岸田内閣が河野太郎大臣の主導のもと、スマホにサイドローディングを認める、すなわちソフトウエアをこれまでの入手経路以外から入手できるようにしようとしていることです。

 ・・中国がこれを悪用する恐れがあるため、担当官に来てもらったのですが、まるで「良いことずくめで、リスクなど存在しない」かのように説明し、何度繰り返し注意してもその説明をやめず、ついに大爆発しました。

 ・・そして「中国をはじめとするリスクもちゃんと明示する説明を用意して、やり直しなさい」と怒りを込めて告げ、退場して出直すことを強く求めました。

 ・・国民の負託によって議論をしていることそのものを軽視する、民主主義とは言えないその姿勢、行動にはまことに許しがたいものがあります。・・

 

 その後もう一度、GX(グリーン・トランスフォーメーション)何の事かと云えば原発を含めた国家エネルギーの推進法案、これに対して怒りを爆発させている。

 青山繁晴にしてみれば、世界を回って来て世界の現況、喰うか食われるかの激しく厳しい国家間争いの中にあるのに日本の国会の、国会議員の、官僚の、政治の在り方のこの体たらくは何だ、という怒りなんでしょう。

 この怒りを持つこと自体相当なエネルギーが必要、それでなくともくそ真面目に国会、委員会に出席し発言、加えて本の執筆、小説の出版と獅子奮迅。

 余程体力がないと務まりませんわね。そう心配しつつこんな稀有な国会議員はそうそう居ないからもっと活躍してもらいたいと勝手な希望を持ったり。まぁ、一般国民としては出来る事の支持、支援をして行くしかありません。

 

 さて上記の「サイドローディング」案件、情報漏洩に関するチャイナリスクを憂れいての事。これで想起するのは政府がみこしを担ぐTIKTOK。東京新聞にさえ懸念と記事にされてる。 

www.tokyo-np.co.jp

 これを推進するのはデジタル庁、河野デジタル相は問題ないとしてるけれど米国は懸念して政府の使用を禁止する規制法案を出してる。

news.yahoo.co.jp

 デジタル化を進めるのは結構だけれど河野大臣は猪突猛進のイメージ、実行力はありそうだけれど我が強くて回りとの協調性はなさそう。

 官僚を怒鳴りつけてる動画も出回ってるしハッキリ云って危うい。危うさのもう一つ、中国の影がぬぐえない。同じ神奈川の太陽光押しの小泉元環境相と共に疑念がわく。

 だからなんだろうと思うんだけれどマスコミがせっせと次期総理の予想という調査を行って河野太郎押しを始めてる。

 対抗が小泉進次郎石破茂って、こんなの見たら脱力しちゃう。あり得ない顔ぶれ。高市早苗は主義主張素晴らしいけれど宰相となったら苦労するだろうからあまり推せないけれど、こんなのに較べたらはるかにまし。

 大体、萩生田政調会長がないのはおかしかろう。つまりはなって欲しくない候補という事ですか。誰が、特亜、財務省、かな。

 政治家、一部を除いて危機感がなさ過ぎる。マスコミもボケてるのか底意があるのか事実を報じないから国民も太平楽。危機渦中なんだけどね。

 

 

左派の場合はメディアが好意的に取り上げてくれる

 昨夜7時のNHKニュース、政治資金の監査に関し後援会幹部の税理士が同じ議員の政治資金監査を行ってる。監査の信頼性に関わる問題と報じていました。

www3.nhk.or.jp

 これは中々に興味あるニュース、そういえば7時前にNHKは「公平公正な放送局である」という自己宣伝してましたが、「何を冗談おっしゃる」と思ったばかり。

 何とも皮肉な思いがしたのは、今話題沸騰のCOLABO問題、NHKは毫も報じませんが、これもNPOなんかが法制や予算獲得する際、当事者が委員になって自分たちでその仕組みを作ってるし、

 決算の報告書を承認後にその内容の不備、もっとはっきり云えば辻褄の合わない決算が見つかり、それを指摘されたらのり弁にして提出、再提出を求められてたりする。

 これは東京都が監督官庁、そのうち赤い羽根募金の事業内容に不具合なものが見つかりそれを指摘されると早々にこっそりと書き直しがあった。

 政治資金の方は同じ後援会税理士が監査してたというけれど「法律に抵触していない」が中立性や公平性に疑念を持たれる恐れがあると、これは難癖。

 税理士政治連盟は野党もいるけど自民党寄りですからね。これをニュースで扱うのならColabo関連、赤い羽根の疑念も報じるべきだと思うんだけれどそこはシカとしてる。

 「公平公正」な放送局なんでしょ、証拠もないのにモリカケであれだけ騒いだんだからCOLABOや赤い羽根も騒いであげなくちゃ。

 Colaboはしかしもう1社団法人の会計不備ではなくもっとでかい爆弾を抱えた疑獄のニオイがしてる。だからかマスコミは沈黙。

 マスコミがジャーナリストたり得ないからネットのまともな良識が代わりに問題を掘り下げる。個人でもこんなに深堀出来るのに色んな特権を持った専門職がそれに及ばない情けなさ。
 

  あちこちでColabo戦線に参加してるようですがここのブログは誰も手を付けない視点からの指摘あり。何れもまだ動いてる最中だけれど経過把握には参考になります。 

jigensha.info

 

 
 (参考) 

note.com  この文中、

 ・・左派の場合はメディアが好意的に取り上げてくれる。保守派の場合、新聞やテレビが総出で揚げ足取りを待ち構えている・・

 だから地味に事実を積み重ねる事が大事だと、さらに今回の問題は、

 ・・若年女性支援事業は行政の闇の集積です。これをお祭り騒動にしてはいけません。それこそ活動家や役所の思うつぼ・・

 なんてマトモなんだろう。ジワジワと事実掘り起こして火を消さないようにする事ですね。

 

 

杉田水脈を野に放つ  Colabo 産経が報じ始めた

  しかし、杉田水脈(すぎたみお)議員への誹謗、中傷、攻撃、異常で執拗ですね。つまりはそれだけそちら陣営にとっては彼女の指摘が痛いから。彼女の質疑、行動は正鵠を射ている。

 

 

 

 確かに昨年暮れ、総務省政務官だった杉田水脈は謝罪をさせられ政務官を辞任した。総務大臣がそうさせたのかと思ったらどうも官邸の意向みたい。

 一度は擁護したけれど政権にとって杉田攻撃という雑音は支持率低下の岸田政権にとって望ましくはない。排除しておきたい。それで詰め腹斬らされたと。

 これで一件落着かと云えばそうじゃない。杉田水脈には筋金が入ってる。政権内というタガが外れたら自由になっちゃった。野に放ったようなもの(笑)

 
 へこたれてませんね。Colabo問題を会計不正に矮小化するなと云ってる。

 

 

sn-jp.com

 マスコミ協賛のもとに杉田水脈を叩いてるけど、情弱テレビかじり族が「ふーん、そうなんだ」と洗脳される一方で、ネット見て杉田水脈よくやってると支持する人も増えてる。

 テレビ族はフワフワだけどネット族はガチだから風が変わると支持者はもっと増える。これは事実をつっ突く人とアヤフヤな言葉の切り取りで叩く人との違い。

 問題にしてるColabo、マスコミ沈黙のなか産経が報じ出した。

 

www.sankei.com 

www.sankei.com

 

www.sankei.com

 


 杉田水脈の、おかしな動きがある何とかしないとイカンという思いからの奮闘に比べ、ボケた事やってる国会議員たち。 

www.moeasia.net

 女性枠を作るってのが甘えた発想、自民党の女性議員のように(変なのもいるけど)能力のある女性は能力のある男性と同じく鋭い切り口を見せ活躍してる。

 機会の平等は確保されてる。これは結果の平等を求めてる。それは駄目でしょう、やる気があって頑張った人は上がって来られる。

 頑張りもしないで女性を特別扱いしろってのは逆差別で結局は政治の劣化。野田聖子辻元清美福島瑞穂とつるんでる時点で、魂胆見える。野田聖子要らんね。